スポンサーリンク
肺がん闘病記

【再び余命宣告】前頭葉の転移性脳腫瘍に対する手術の説明[穿頭手術]

肺がんの脳転移によって、小脳と前頭葉に腫瘍が発生した父ですが、小脳の腫瘍については、7月5日に開頭腫瘍摘出術によって取り出すことができました。 ※この時のことは、下記のブログの通りです。 小脳の摘出においては、術後に、脳内出...
肺がん闘病記

【肺がん・脳転移】全身麻酔の後に起こった気になる症状[喉がおかしい]

父の小脳に発生した肺がんを原発巣とする脳腫瘍は無事に摘出できましたが、再手術も行ったため、一日に2回も手術を行いました。 一時は危篤状態にもなり、もう死んでしまうかと思ったほどです。なんとか手術を乗り越えられたとはいえ、本当に大変な一...
肺がん闘病記

【脳腫瘍・術後】脳内出血による昏睡状態からの回復

​​肺がんの脳転移によって小脳と前頭葉に脳腫瘍が発生した父ですが、まずは小脳の腫瘍から摘出することになりました。 9時15分に開始された手術は、難なく成功できたかにみえました。 しかし、夕方頃に合併症の脳内出血が発生し、一時危篤状態...
スポンサーリンク
肺がん闘病記

【脳腫瘍摘出】手術後に合併症(脳内出血)発生!昏睡状態となり再手術…。

前回のブログの続きです。父の肺がんの脳転移の手術が成功して、喜んでいたのも束の間、いきなり崖に突き落とされるような出来事が発生しました。 手術開始から完了まで 概要を簡単に説明すると、私の父は、肺がんの脳転移によって、前頭葉と小脳にそれ...
肺がん闘病記

【肺がん・脳転移】開頭腫瘍摘出術[小脳]

ついに、7月5日に父の脳腫瘍の摘出手術が行われることになりました。 ブログの標題に示した手術名の通り、頭を開けて腫瘍を取り出す手術です。手術を受けるのは父ですが、家族である私であっても、考えるだけで怖くなる手術でした。 とにかく、こ...
肺がん闘病記

【脳腫瘍摘出】手術内容が決まる

父に肺がんの脳転移が発覚してからというもの、診察に行くということは辛いものでしかありません。腫瘍の画像、余命、ステージ、これからのこと、どれもが心に突き刺さります。 しかし、家族として、聞かなければならないときがあります。 嫌な予感し...
春ウコン

【癌に効くのか】春ウコンの摂取開始

身内ががんになった時は、それはもう絶望的な気持ちになります。そして、インターネットなどで、なんとかならないかと情報収集するのではないでしょうか。私の父が癌になったときもそうでした。 どうにも信じられない民間療法 癌の治療について調べ...
肺がん闘病記

【脳腫瘍・手術】入院そして手術に向けての検査

父に、肺がんの脳転移があるとの診察を受けたのが平成29年6月23日。そして、6月26日に入院することがきまりました。よほど深刻な症状だったのか、病院側の対応はかなりスピーディに感じました。ここまでは、前回のブログの通りですね。 入院日ま...
肺がん闘病記

【手紙を書く】書面で症状を伝えるのはお勧め

体調がおかしいと感じても、病院に行くという行動まで即座に移せる人はなかなかいないと思います。 そもそも病院に行くのが面倒くさい 人によって、仕事だったり家庭のことだったりで、いろんな事情があると思います。ましてや、症状があいまいな場...
肺がん闘病記

【脳転移が発覚4】当時の父は何を思っていたのか

前回のブログより、父は肺がんの転移性脳腫瘍を発症していること、また、その状態は非常に深刻で、すぐに手術をしなければならないと告げられました。 この日のことは、今でも忘れていません。 父に脳腫瘍があるという宣告を受け、軽い貧血のような...
スポンサーリンク