スポンサーリンク
肺がん闘病記

【脳転移が発覚3】医師の辛い宣告「あと数カ月です」

今回は、父の脳転移が宣告された脳外科の診察のことについてです。 脳外科の診察を受診する前から、すでに父の脳には肺がんが転移していることはわかっていました。ただし、その根拠は、あくまでも肺がん検診の一環で指摘された、「脳転移の可能性があ...
肺がん闘病記

【脳転移が発覚2】改めて痛感した父の異常行動

前日の、脳腫瘍が発覚した診察について書いたブログの続きになります。 簡単に概要を説明すると、肺がんの手術をしてから約1年半が経過した頃、私は、父の行動が変わりはじめていたことを危惧していました。 そこで、肺がんの定期検査の日に、父に...
肺がん闘病記

【脳転移が発覚1】肺がんによる脳腫瘍の疑いが浮上[MRI検査]

父に異常な行動がみられ、それが転移性脳腫瘍の発覚の前兆であったことは、これまでのブログで書いてきた通りです。 今でこそ、父に現れた症状が脳腫瘍によるものだと理解できますが、脳腫瘍のことすら頭にない当時は、異常な行動を示す父に何が起こっ...
スポンサーリンク
肺がん闘病記

【肺がんの脳転移(まとめ)】父にあらわれた11の兆候

これまでのブログで、父に発生した肺がんの脳転移によって現れた症状(前兆)を、つらつらと書いてきました。 見返してみると、いつの間にか11記事にまで達していたので驚きました。 ひとつひとつ見ていくの大変なので、今回は、これまで上げてき...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆11】車の運転が下手になる

最近、高齢者の自動車事故のニュースをよく見るようになりました。 アクセルとブレーキを間違えた、道路を逆走するなどといった事故は、これからもどんどん増えていくのではないでしょうか。 かつては、完全に別世界での出来事であり、私にはいっさ...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆10】尿漏れが起こる[オムツを履くことを決意]

年齢を重ねていくと、大なり小なり「下」のトラブルが出てくると思います。 私自身も「いずれはオムツや介護のお世話になるかもしれないんだなあ」と、日々、気にしながら生きています。まだ早すぎるかもしれませんが…。 とはいえ、いざ、自分に何...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆9】パソコン・携帯電話が使えない

現代社会において、パソコンや携帯電話(スマートフォン)は必須のツールであると言っても過言ではないと思います。 それらが使えなくなる生活なんて、考えられないなではないでしょうか。 私にとっても、とくに、スマホについては無くてはならない...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆8】無気力・自発性の低下

脳腫瘍といっても、転移が起こる場所でその症状は様々だと思います。 また、発生する腫瘍が1つだけども限りません。 私の父は、前頭葉と小脳にそれぞれ発生したので、余計にややこしかったのだと思います。 とくに、前頭葉は、人間性を司る脳で...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆7】偏食が起こる

これまでのブログにおいても、肺がんの転移性脳腫瘍を患った父についての様々な変化を紹介してきましたが、食事についても変化がありました。簡単に言えば偏食です。 この変化は、性格の変化と同じく、一緒に住んでいると気づきにくい変化でしたが、今思い...
肺がん闘病記

【脳転移発覚の前兆6】性格に変化

父に発生していた転移性脳腫瘍は、父の性格そのものにも変化を与えていました。 これは、前回のブログで述べた頭痛のように、分かりやすいサインが無いため、極めて気付きにくい症状でした。 肺がんの脳転移があると分かってから、ようやく、それが...
スポンサーリンク